ブログ

ホーム>ブログ>腎臓が寿命を決める!?

ブログ

腎臓が寿命を決める!?

|2017.11.22|08:57|健康コラム|

昨夜は20時半から0時半近くまで薬局研修団体の有志で定期的に開催する夜間研修会でした。テーマは最近話題の腎臓と漢方についてです。腎臓と言えばNHKさんで山中伸弥さんも出演された『腎臓が寿命を決める』をご覧になった方も多いかもしれません。腎臓の働きは大きく分けて5つ。

 

1、老廃物の排泄

2、血圧の調節

3、血液量の調節

4、赤血球細胞の産生

5、ビタミンD合成

 

です。東洋医学では腎は老化を司る臓器であり五臓六腑全ての臓器の調和が大切だと考えていますが、最新の西洋医学でも心腎連関をはじめとし他臓器と腎臓の関係がわかってきました。例えば運動不足で下肢の筋肉が衰えている場合では腎機能が低下し心臓の負担が増すなど様々な弊害があります。

 

『自分の腎機能はどうなのかなー?』

『腎臓って言われても調子が良いかどうか良くわかんないなぁ』

 

と思われた方もいらっしゃるでしょうし、12のチェック項目を設けてみました。下記の項目から2つ以上チェックがついた方はご相談くださいね

 

◇疲れが残り、体がだるい

◇尿のキレが悪くなった

◇筋肉が減ったような気がする

◇座っていても、寝ていてもめまいに襲われる

◇寝つきが悪く、眠りが浅い。途中で目がさめる

◇漠然とした不安がある

◇肌のハリや透明感がなくなった

◇のぼせる、冷える、ドキドキする

◇月経異常がある

◇足がだるい(むくむ)

◇頻尿、尿が我慢できない

◇物忘れ、集中力の低下

 

 

いかがでしたか?男性は40前後、女性は30前後からこういったお悩みが増えてきます。現代人は運動不足のため生まれ持った体質に恵まれている方か運動をしっかりしている方以外はどんどん腎臓が衰えて老化が進みます。ご家族で透析をしている方がいらっしゃる方、糖尿の方、血圧が高い方、コレステロールが高い方は特に注意が必要です。今からできるケアをしっかりとして病気にならないように予防していきましょうね。

家庭でできる予防は

1、禁煙をする 2、痩せる 3、冷やさない 4、食べ過ぎ飲み過ぎない 5、ストレスを減らす

の5つです。まずは生活に取り入れてみましょう。

 

健康のことなら岐阜県関市のウラタ薬局にご相談ください。

 

 

23659404_1304003899706280_1258333202712145874_n

カラダ・健康のお悩み相談はこちらをCLICK!

リンク

Facebookで健康情報を入手!

ページの先頭へ