ブログ

ホーム>ブログ>口内炎はどうしてできるの?

ブログ

口内炎はどうしてできるの?

|2017.08.24|09:10|健康コラム|

おはようございます。今朝はなるととっても痛い口内炎のお話しです。

 口内炎の原因は皆様ご存知ですか?
「疲れるとなる」
「噛んでしまうとなる」
「よくわからないけど繰り返しやすい」
と様々な方がいらっしゃると思います。

 口内炎のできるメカニズムは1、体調が悪い 2、ストレス・多忙な生活 3、バランスの崩れた食事などの原因で抵抗力(免疫力)が低下した際に口の中を噛んだり、歯が頬に当たったりして傷が付きます。その傷口から口内炎を引き起こすウイルスや最近が入り込み、暴れ出します。そのウイルスなどに傷つけられた傷口がどんどん腫れ上がり水泡となり、破れて粘膜に穴が開いて口内炎ができます。

 口内炎になると、食べることも話すことも辛くなり、さらに栄養バランスが乱れがちにあります。中には「痛みで集中できない」「気になって眠れない」とおっしゃる方も。
早めの対応で治し、口内炎にならないようにしたいですね。

 口内炎が気になる方は岐阜県関市のウラタ薬局にご相談ください。

カラダ・健康のお悩み相談はこちらをCLICK!

リンク

Facebookで健康情報を入手!

ページの先頭へ