ブログ

ホーム>ブログ>冬至に柚子湯に入るわけ

ブログ

冬至に柚子湯に入るわけ

|2015.12.22|09:02|健康コラム|

 おはようございます。
今日は冬至。
柚子湯に入る方も多いのではないでしょうか。
漢方の考え方では冬至というのは一年でもっとも陽気(太陽から得る体を温める気)が弱い日なんです。
体を温める気が少ないということは冷えにやられて風邪などの病気になりやすくなってしまう。
だから血行促進して体を温めてくれる柚子湯に入ることで風邪をひかないようにしましょうね。

 柚子湯で体を温めた後は柚子風味の若甦温で体をさらにポカポカにして風邪や病気に負けない体にしましょう。
IMG_5831

空気の乾燥が続いているためか咳が止まらないアトピーが悪化したなどのご相談が増えております。
また冷えの影響とと季節の関係で浮腫み、肩こり、子宝相談、男性の精力減退もいただいております。
ご予約をいただくと待ち時間なくスムーズにご案内できますので、お手数ですがお電話くださいね。

カラダ・健康のお悩み相談はこちらをCLICK!

リンク

Facebookで健康情報を入手!

ページの先頭へ